top of page

こんにちは

​アスリートの世界でトップを目指そうと思ったら、強いフィジカルや高度なスキルがあるのは当然のこと。それ以外の何かがあって初めて、他の大勢から抜け出すことができます。その根本にあるのは「いかに考えるか?」だと考えています。より効果的な考え方をすることで、コミュニケーション、練習、戦術、問題解決のレベルを上げ、パフォーマンスを劇的に高めるお手伝いをしています。

  • Facebook のアイコン
  • Twitter のアイコン
  • LinkedIn のアイコン
  • Instagram のアイコン

ストーリー

私がテニスをやっていた頃のこと。試合に負け、反省をし、練習に励み、また試合にでる。でも、また同じところで負ける。こんなことを何年も繰り返していました。ある日、「ちゃんと考える方法」を習う幸運に恵まれました。「これは使える!」そう思って、早速、自分のテニスの何が悪いのかを分析してみました。面白いように課題が分かりました。そして、大会で初入賞も果たしました。その時はすでに30歳を超えていました。

 

その後、ダブルスのパートナーにも声をかけて、同じ方法を試してみました。ここでも結果がでて、入賞できました。高校のテニス部の指導に使ってみました。ここでも、顧問の監督さんをして、「創部35年以来の軌跡」と言われるような急成長が見られました。そこからは、テニスだけでなく、様々な競技に広がっていきました。バレーボールやボートのオリンピック選手を指導する機会に恵まれました。また、テニス選手も世界ランカークラスの方の指導をする機会に恵まれました。2年半の間で世界ランキングが908番(2016年8月)から445番(2018年末ランキング)にあがり、世界最高峰のWTAツアーに選手登録できるまでになりました。華谷和生選手(下の写真の一番右)

​なぜ、そんな成果がでるのかって?それは、大半の選手がもっていない武器が手に入るからです。それが「ちゃんと考える方法」なのです。本来の実力と、試合で出せる実力には、多かれ少なかれ差があると思います。その差は、悩み事があったり、気持ちの整理が苦手だったりすると大きくなります。ちゃんと考える方法を身に着けると、この差を小さくでき、試合で、本来もっている力を発揮できるようになるのです。

心は穏やか
​頭はフル活用

kamakura.png
nagi.jpg

『他で受けたテニスの指導と違うところは、基本的にはメールだけのやり取りであるということです。 このやり取りは案外私にとってリラックス、かつ集中できる貴重な時間で、心は穏やかながら頭はフル活用できる、私を導いてくれる存在です。

この指導では、いろんな視点から提供して頂くツールを活用していきます。これによって、自分が理解していたつもりでも曖昧な考えだったことに気づくことがありました。例えば、その日の復習が次の行動に活かされてないことがあることに気づきました。また、きちんと理解したことにより、頭にインプットできるメリットにも気づきました。

トレーニングを続けていくうちに、練習や試合も含め、私の生活自体が充実したものになってきました。 一番の要因は精神的な浮き沈みが減ったことだと思います。 やるべきこと-復習することやそれらを活かし行動に活かすこと-に集中し、取り組むメンタルを持てるようになりました。』

Nagi Hanatani, professional tennis player

連絡先

私はいつも新しくエキサイティングな機会を探しています。競技種目に関わらず、ご連絡ください。

090-1817-8977

bottom of page